ギャラリー

野に咲く一輪の花を差しだすような温もりを。
使うたびに、見るたびに、ぽっと心に灯りがともるような、
ちょっとうきうきするような。
そんな作品を、自分たちが納得するものをお届けしたい。
この想いから、AMIでは貸しギャラリーでなく、
わがままにすべて企画展と常設展でやらせていただいています。

作り手である作家さんと、伝える側である私たちのこだわり。
2つがぴったりと合った作品展に、ぜひ足をお運びください。

びわハウス(常設)

埼玉県飯能にお住まいの木工作家、びわハウスさん。
AMIはびわハウスさんの作品をおかせていただいている、さいたま市で唯一のギャラリーです。
ひとつひとつが手作りで丁寧に作られた、木のあたたかい作品。ぜひお手にとって感じてください。

BAREFOOT(常設)

インドのすぐ下に浮かぶ太陽の島、スリランカで生まれたBAREFOOT。
約50年前、女流画家のバーバラ・サンソニさんがスリランカの女性たちに何か手に職を持たせようと、私財で手織りと手染めの指導を始め、“BAREFOOT”を立ち上げました。
丁寧に糸をつむぎ、染め、織り、手縫いで仕上げた作品は、どれも温かく作り手の思いがぎっしりと詰まっています。
キッチンウェアやバッグ、ポーチやぬいぐるみを中心にお取り扱いしています。

育陶園(常設)

沖縄のやちむん(焼き物)の故郷、壷屋に工房を構える、シーサー・日用雑器を中心とした300年の伝統を誇る窯元です。
沖縄で取れる土に、壷屋焼の3原色である「飴(茶色)」「コバルト(青色)」 「青磁(緑色)」の自然の素材を使った独自のブレンド釉薬を中心とした色合いは沖縄ならではの温かな味わいで、線彫りで描かれる独特の作品です。

山田真萬(常設)

沖縄県読谷村の登り窯で焼かれる作品は、「宇宙の青」と評される深海の青をまとい、食卓を上品に飾ります。
作品は日本だけでなく、海外での個展や出展は15回以上、国や年代を超えて評価され続けています。

その他の作家作品(常設)

・工房虹(ガラス)
・大覚寺工房 和泉良法(陶器)
・工房む(陶器)
・土の種(陶器)
・アジア雑貨 ほか